123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
NEW ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< オロオロ日曜日 | main | 夕暮れ秋の風 >>
ひどい店の話。怒
今日はお友達の誕生日お祝いをすることになり、
私がお店のアレンジをまかされました。

以前から知っている素敵なお店に電話をいれたら、貸し切りパーティで本日はお断りされちゃったので、せっかくだし、新しいお店を開拓しようと思いました。

そして、以前から店の前を通るたびに、「ここは一体何屋さんなんだろう・・・・」と気になっていたお店に行ってみたんだけど。

黒一色の四角の枠組み?としか言いようのないシックな外観。
中をのぞいてみたら、エントランスが細長く奥へ続いていて、両開きの重そうなドアの奥には、大きな黒のバカラのシャンデリアが下がっていました。

友達は気に入ってくれるかなぁと思って選んだ店だったけど、味は美味しいかどうかわからないじゃない?(ちなみにフレンチのお店だったんだけど)

結構ドキドキしていたんだけど、お肉もおいしくってデザートまで順調な感じ。

友達にも楽しんでもらえたようで、楽しいおしゃべりをいっぱいして、お腹もいっぱいになり、私も安心して「さぁ、かえりましょ。」と席を立ち、階下のバーのある玄関の方へかいだんを降りようとしたその時、

目の前の光景に唖然・・・。

階段を上ってくる時は目に入らなかった、オブジェがそこにあったの。
それがすっごい!!気味悪いの!形容できないおぞましさでした。
人形とか何体かおいてあったり、服を着せられたファニーな剥製が客を威嚇するように牙をむいていたり、わけわかんない世界。
何の冗談なんだか。

友達もビックリしていたよ。
私は「ゴメンね」と謝ったけど、彼女の誕生日祝いなのに、ひどい店選びをしてしまった。

友達の誕生日という大事な日だったから、ゴメン〜って思ったけど、なんでもない日だったら、あのオブジェを笑ってやりすごせただろうか・・・?

それでもやっぱり、無理だなあ。

奥の席にたまたま、店のオーナーさんが来ていたけど、そんな事(オブジェの事ね)するような人に見えなかったよ。いい年齢の大人の人だったけどなぁ。
人ってわかんないものですねぇ。

はらだたしいですよ、私は。


Posted by SHY | 23:55 | -